So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

雪の日コドモトナニシヨウ?のコーディネートです。(2019.01.10) [COORDINATE]


snow co s (3).JPG

みなさん、こんにちは。141です。

今朝はちょっと寄るところがありましたので、クルマ通勤でした。

クルマの外気温計はマイナス一℃の表示。

駐車場の水たまりも凍っていました。

店の中もなかなか温まりません。

キーボードを打つ手も冷たいのですが、こんな時はマムートのグローブが非常に便利。

指先だけを出してカチャカチャやっております。

そんな今日ですが、これからはチビたちとの雪遊びもシーズンにいよいよ突入?!

そんなコーディネートを。snow co s (14).JPG

☆OUTER MAMMUT ALPINE GUIDE HS JACKET ¥51,840

☆VEST CANDIDUM QUILTING VEST ¥17,280

☆KNIT PETER BLANCE SHAGGY CREW NECK PULLOVER ¥29,916

☆BOTTOM F.O.B. FACTORY F1151 CORDUROY 5P PANT ¥15,120

☆BOOTS DANNER LIGHT ¥59,400

☆KNIT CAP FILEUSE D'ARVOR GARDE ¥4,968

☆MUFFLER JOHN SMEDLEY PINTAIL ¥19,440


やっぱりチビたちとお出掛けの時は機能的なのが一番です。

でも全身アウトドアだとちょっとコッテリなので、ポイントはハイテクで、それ以外はクラシックなものでまとめてみました。

snow co s (15).JPG

アウターはマムートのゴアテックス・ジャケット。

今でこそ、『141はオリーブばかりで軍人みたい。』と言われますが(笑)。

アウター・シェル系には、ブルーへの強い思いがあります。

それは高校生時代のスキー授業のこと。

そのころ、田舎の高校生なんてこの手のファッションに興味があるやつは、クラスにほんの数人。

当時のファッション・リーダーYくんが持ってきたのが、このポパイ。

IMG_2498.JPG

因みにワタシはこの号は持っておらず、写真はノーザンに貼ってあるこのポスターから。

IMG_2497.JPG

この号の中に、全身ブルーでまとめたスキー・コーディネートが載っていたんですね。

それがメチャクチャかっこよくって憧れました。

もちろんYくんはそれにならって、ブルーのダウン・ジャケット。

スキーなのにダウン(笑)。

ブランドは、ノース・フェイスかキャンプ・セブンだったか。

ワタシは、父から借りたダサダサのベージュのおっさん臭い無名ブランドのやつ(笑)。


77年発行だから、中学生時代に購入した雑誌を高校1年のときにみんなで回し読みしてたんですね。

情報量は今よりも全然少なかったけど、圧倒的に濃かったあの時代、ハハハ。


snow co s (15).JPG

インナーはシャギー・ドッグにキルト・ベスト。

snow co s (16).JPG

どちらもローテクだけどしっかり保温性があり、ある程度の撥水性もあります。

snow co s (27).JPG

頭の保温もしっかりね。


snow co s (19).JPG

FOBのコーデュロイ5Pにダナー・ライト。

ダナー・ライトも出た当時はハイテクだったけど、デビューから40年くらい経って、堂々のクラシックの仲間入りですね。

snow co s (22).JPG


snow co s (25).JPG

チビたちは動きが激しいので、暑い時はさっとジャケットを脱いで、こんな感じです。


☆そして今日のリアル・コーディネート。


snow co s (7).JPG

マムートのゴアテックスのジャケットに、


snow co s (8).JPG

ボーダー・キャップ、ダウン・ベストにガーンジー・セーター。

snow co s (10).JPG

ベストとブーツは、まだノーザンお客時代に購入したもの。

北海道へバック・パッキングの旅に行く特に買ったヤツ。

snow co s (12).JPG

一昨年のFOBのコーデュロイ・パンツ。

雪遊びの時は、もう少し薄手のパンツに防水パンツを重ねます。

こうしてみると、昔と基本的にはまったく変わらんコーディネート。

進歩がないのか、あえてそうしているのか(笑)。


snow co s (13).JPG

本州の梅雨を避けて、北海道に行ったのに2週間ず~と雨。

そんなときに足元を守ってくれたダナー・ライト。

最終日は駅まで迎えに来てくれた親戚の家で、テントからザックまで虫干しに。

叔父さんのサンダルを借りて、連れて行ってもらったジンギスカン屋さんの味は忘れられません。

その叔父、叔母も今は別の世界に旅立ってしまいましたが、、、

、、、思い出といいものはいつまでも残っています。


そして、☆OMAKE

義父YOSHIZOは今年も元気。

IMG_2470.JPG


3歳年上のお兄さんと会った時の一枚。

耳の遠い(YOSHIZOもそれなりに遠くなっています)兄との会話。

KPNM0315 (1).jpg


おしゃべりはメガホンで。

一体どこから持ってきたのか。

話を聞くときは、逆に耳に当てるんでしょうかね。

因みにこの時の会話は、お兄さんに

『お迎えが来たんなら、嫌がらずに素直にいくんだよ~』と。


そんなこと、メガホンで言うんじゃねい~!!!(笑)。


と一瞬おもいましたが、互いに90歳前後で、3つしか違わなくても兄貴は兄貴なんですね。


IMG_2485.JPG

おじ~ちゃん、長生きして今年も笑かしてくださいね。


ではでは、また。

141

nice!(1) 

nice! 1

Facebook コメント