So-net無料ブログ作成

今日は首元の小物を2つ。(2019.02.10) [GOODS]

piece (18).JPG

みなさん、こんにちは。141です。

いや~、今朝も寒い。氷点下の朝でした。

今夜は、ベーグル男子亭にてボタン鍋(しし鍋)会の予定。

今年の干支をいただいちゃおうという催しです。

熱燗と鍋が楽しみで、いまからウズウズしております。


というわけで、今日はこちらかのご紹介です。piece (17).JPG

A PIECE OF CHIC BANDANA ¥14,040


フランスのリヨンで2012年に誕生したA PIECE OF CHICの『バンダナ』です。

あっ、今バンダナ、と言いましたが、正確にはバンダナ柄のシルク・スカーフといえば
いいのかな。

割と新しいメーカーですが、品質は折り紙付き。

piece (1).JPG

高密度のシルクは、しなやかで手触りも抜群。

そして復元力も早いんです。

goods (2).JPG

昨日一日首元に巻いていましたが

goods s (15).JPG

goods s (16).JPG

今朝はこんな感じに結びのシワもほぼ回復。

piece (2).JPG

シルクだけどバンダナ柄、というのがミソ。

綿100のバンダナではちょっとカジュアル過ぎるし、、、


、、、かといって大判の派手な柄のブランドものは、使いづらい。


piece (11).JPG

そこでコレ。

大きさも50cm四方のほぼバンダナサイズ。

色も大好物のネイビー&カーキ。

つまり141が欲しいから仕入れて売ってんじゃね~のシリ~ズです。

基本ノーザンはそんなもんばっかですが(笑)。


piece (6).JPG

かわいい袋付き。

ギフトにも◎。



piece (28).JPG

このサイズはポケット・チーフ代わりにもいいです。

piece (29).JPG

アメカジっぽい合わせにも、気どり過ぎることなく自然な感じ。


piece (23).JPG

ちょっとワイルドな感じにもいいですよ。

piece (22).JPG

goods s (26).JPG

頭に巻けばネオ、いやエセ・ヒッピー?!

goods s (23).JPG

『ハイ、よろこんで!』
と簡単に炉端焼き屋のオヤジにも変身!


小物を制するものはコーディネートを制す。

とよく先輩に言われました。

そして、もう一つ。

先輩『イシイくん、バンダナはいつ使う』

141 『晩だな。』

先輩 『じゃぁ、麻は?』

141  『朝?ですか?』

先輩 『いや~、違う! 使うのは明後日だ!!!』

なんてやりとりを、麻製品が入荷するたんびに100回くらい繰り返しておりました(笑)。

ホントバカですね~。


というわけで、明後日どころか、もう昨日のうちにSOLD OUTになってしまったコチラを。

nh r b s (17).JPG


NORTH OF HEAVEN BRIAN&ROD ¥11,664

nh r b s (10).JPG

ブライアンの方は、グレーのリネン・シャンブレーと

nh r b s (13).JPG

グレンチェック。

むか~しむか~し、グレンチェック柄のスメドレーのマフラーがありました。

すご~くカッコよかったんですが、あっという間にSOLD OUT。

結局買えなくっって、たま~に巻いて来店されるONDさんと、よくこの話をします。

というかしつこく蒸し返してるというか(笑)。

それが頭にあって、今回のグレンチェック。

でもこれもスタッフ買いは無理っぽい。

県内のファクトリーで、熟練職人によって丁寧に生産されていますが、それほど生産規模が大きくありません。

nh r b s (16).JPG

大量生産はききませんが、丁寧な作りで細々と続けていきますので、よろしくお願いいたします。

両端は、縫いつけずに筒状になっております。

洗い込んでいくと、シワ感がいい感じにでるような設計です。

nh r b s (30).JPG

シックなこちらはジャケットにも◎

nh r b s (29).JPG


nh r b s (3).JPG

そして速攻SOLD OUTのROD。

nh r b s (25).JPG

自前のT&Sのキャンパー・シャツと。

nh r b s (24).JPG

また次の企画もすすめていきますので、ご期待ください。


☆OMAKE レコジャケ・ジャンキー『ストール巻きジャケット』編

昨晩いろいろと漁ってみましたが、ウェスタン・シャツと違って、意外と少なかったです。

goods s (1).JPG

サイモン&ガーファンクル。

なんとなくお育ちの良さを感じますね。


goods s (2).JPG

佐渡山豊。

なかなか渋い合わせ。

少しディランを意識?!

てか、この時代で意識しない人はいないかな。

goods s (12).JPG


オレも

goods s (29).JPG

スティアンコルのコート着て、かなり意識(笑)。


今回のストールのモデル名はここから。

goods s (5).JPG

何故か2枚。


goods s (4).JPG

この合わせはコバヤシしかできない銀河系ですね。

因みにワタシはRODのアルバムはコレと『ガソリン・アレイ』さえあればいいとおもっています。

その2枚のRODのすべて、アメリカ南部への異邦人目線のあこがれ・・・

・・・そんななものがぎっしり詰まっているとおもいます。

ジャケットもイギリスから大西洋を一跨ぎでアメリカへ。


だから最近の『歌の上手いおじさんが名曲をカバー』的なのはど~も(笑)。

ヴァン・モリスンもそうなんですが・・・決して悪くはないけど。。。



この中のこの曲『イッツ・ノット・ザ・スポット・ライト』が一番好き。



これでウィスキーがすすみます。


goods s (13).JPG

オリジナルは、キャロル・キングの元ダンナのこちらに。






これでウィスキー・ボトル半分くらいいけちゃいますね。

ディランのアルバムを聴いて

『我々はなんと今までくだらないものを作ってきたんだ』

とショックを受け、自分たちのレコードをたたき割って、リリースしたのが

このド渋アルバム。

もっともこの手の話は尾ひれが付く場合が多いので、実際はどうなんでしょう?


そして、死んだときには棺桶に入れてもらいたい

goods (5).JPG

浅川マキのコレクションから

goods (1).JPG

『イッツ・ノット・ザ・スポット・ライト』→『それはスポットライトではない』

と、そのまんま直球邦題のこのカバーならウィスキー一本?!いやムリムリ



他にもグリムスパンキーやチャーのギターをバックのカルメン・マキさんのバージョンも◎なので、
ご興味あるかたは検索を。


goods s (6).JPG

141的にNo.1巻物アルバムはこれ。

goods s (7).JPG

ロニー・レーンの肩の力が抜けた着こなしがいいですね。

普段とちょっと違うPタウンゼントも素敵。

ちょっと『裏パブロック』的なサウンド。

ちょっと『ACE』(ポール・キャラック)なんかを彷彿させます。



というわけでラストはこちら。





ではでは、また。


141



nice!(1) 

nice! 1

Facebook コメント