So-net無料ブログ作成

HAVERSACK "DOG EAR SHIRT JACKET NORTHERN SPECIAL"(201902.12) [OUTER]

hs s (3).JPG

みなさん、こんにちは。141です。

最近、髭剃りを変えました。

いままでの2枚刃のやつは、替刃が入手困難になってきたため、どっかからもらってきた試供品的な5枚刃にチェンジ。

それがどうかというと、5枚刃だからといって今までに比べて2.5倍良く剃れるかというと・・・

・・そうでもない。

5枚刃になりボディの厚みが増したため、鼻の下が剃りづらくて、不便。

そして、一番の問題点は

『替刃が高い!』

コチラの方は、しっかりと2.5倍な感じ。

技術の進歩、商品のアップ・グレードって、なんなんだろう、と思ってしまいました。

ボディはタダで配っても、替刃を買い続けてもらえば◎なんでしょうね~。




というわけで、今日はアップグレードなし、価格も据え置きのこちらのご紹介です。hs s (2).JPG

HAVERSACK  DOG EAR SHIRT JACKET "NORTHERN SPECIAL" ¥21,384

じゃじゃ~ん、ここ最近のノーザン春の風物詩的になっている、ハバーサックの別注シリーズ。

昨年の"25ス"・スペシャルはネイビー・リネン。

今年の26ス(笑)は、大好きなオリーブで作ってもらいました。

hs s (11).JPG

素材はもちろん、ハードマンズ・リネンの40番手。

カンクリーニやアルビニなどよりも少し厚手、パリっとした手触り。

よりアウター向きの素材感ですが、ヘビーというほどではない絶妙なバランスです。


hs s (8).JPG

名前の通り、『犬の耳』な襟はスナップ・ボタンを閉じるとライダース風。


hs s (7).JPG

いきふんプンプンのWALDESのダブルジップで、いろんな着こなしを。


hs s (6).JPG

袖は3ピースの凝った作り。

hs s (28).JPG

脇の下もこんな感じ。

一見フツーに見えて、実は凝っているのがハバーサックのすごいところ。


hs s (5).JPG

フロントには大き目のパッチ・ポケット。

hs s (4).JPG

微妙な曲線を描くラグラン・スリーブの、着やすく美しいシルエット。


hs s (12).JPG

裾にはドロー・コード付きで、風の強い日やシルエットをちょっと変えたいときは絞ってね。



そして、そして、毎回言ってますが、やっぱりやっぱりこのリネン素材は

『洗ったほうが断然かっこいい!』




しし鍋会でしこたま飲んで酔いつぶれ、この格好のままファンヒーターの前で3時間ほど爆睡。
sisi (1).JPG


sisi (2).JPG


しかしそこはこれでも洋服屋のはしくれ。
そこから奇跡の復活を遂げ、朝3時より洗濯開始。


それが

hs s (30).JPG

こちら

hs s (31).JPG

シワ感がいい感じでしょ~。


hs s (33).JPG

これがプロ根性ってもんです。

[右斜め上]いやいやホントのプロなら、そんなに飲まなきゃいいんです。いつまでたっても自制のきかないアマチュアですね。

そして、それを猛烈な2日酔いで着ても

hs s (16).JPG

HAVERSACK  DOG EAR SHIRT JACKET "NORTHERN SPECIAL" ¥21,384

☆SHIRT SOUTIENCOL SANFRANCISCO 2014 #291004 ¥19,224

☆PIQUE PANTS F.O.B. FACTORY F1134 ¥12,960


☆SHOES CROCKETT & JONES CHUKKA 2 "NORTHERN 25th SPECIAL"¥86,400

このフレッシュ感。

hs s (19).JPG

2日酔いのボサボサ頭のオッサンが、シワシワの服を着たら、普通はどんなことになるのか。

hs s (23).JPG

ほんと、服に助けられてよかった(笑)。


hs s (17).JPG

いやいや、マジメに仕立て、素材、シルエットと三拍子揃ったシャツ・ブルゾンです。




☆OMAKE レコジャケ・ジャンキー 『ドッグ・イヤー』編

今朝はバタバタしていてレコード棚を漁る時間がありませんでしたが、それでもちょっとだけ。



レコードではありませんが、ドッグ・イヤー、G9、といったらこの方。

sisi (5).JPG


sisi (6).JPG

う~ん、スキのない着こなし。

これらもフレッド・シーガルで揃えたんでしょうか?

あまりに完璧すぎて、次が出しづらいんですが(笑)。


sisi (4).JPG

ディランのブートレグ・シリーズ 『アナザー・セルフポートレイト』のブックレットより。

表紙ではFOBのコーデュロイ・ジャンを着ていますね(笑)。


sisi (3).JPG

ディランというと、『へんなカッコしたしわがれ声のおじさん』

といったイメージが強いかとおもいますが、特にオフの時はシンプルでフツーだったりします。

それがこなれていてかっこいいんです。

というわけで最後はこちらを。




ではでは、また。

141


nice!(1) 

nice! 1

Facebook コメント